海外求人に強い転職エージェントはこちら!
転職エージェント

海外転職では現地系エージェントと大手エージェントのどっちを使うべき?

海外には現地で創業された現地系転職エージェントが存在します。日本人が創業した会社も多く、もちろん日本人求職者が申し込むことも可能です。

しかし日本には日系大手転職エージェントもあれば、世界規模で事業展開する外資系大手転職エージェントもあります。

現地系の転職エージェントも魅力的に映りますが、現地系と大手エージェントのどちらを使うべきでしょうか?

結論から書くと日本人求人を狙うならば「大手転職エージェントを使う」方がよいです。さらに言えば「日系大手」が一番です。

余力があれば1つくらい現地系エージェントに相談してもよいですが、まずは複数の日系大手エージェントから使うことをおすすめします。

本記事ではその理由を説明します。

海外の現地系転職エージェントとは?

先に少し現地系転職エージェントについて補足します。

本記事で指している現地系転職エージェントとは「海外現地に本社を持つ、現地特化型の転職エージェント」のことです。

まさに現地人がやっている会社もあれば、日本人が創業し運営している会社もあります。

ここでは具体的な名前は挙げませんが、日系企業が進出している外国にはだいたい日本人が創業した現地系転職エージェントがあります。

日本人が運営している会社の場合は日本に支社を作っている場合もあります。また、複数の国に展開している会社もあります。

 

日本から海外転職するなら大手転職エージェントを使うべき理由

一見すると現地事情に詳しそうな現地系エージェント(根を張っているだけあり実際詳しい)。

すでに行きたい国が決まっている場合、現地系エージェントに相談すれば大丈夫だろう!と思われるかもしれませんが、ちょっとお待ちください!

行きたい国が決まっており、その国の現地系エージェントがあったとしてもまずは大手転職エージェントを使うべきです。

その理由を説明します。

 

日本人求人はまず大手転職エージェントに集まる

エージェント選びで転職者が何よりも先に考えるべきことは「日本人向けの海外求人量」です(特に日本人向け求人を狙わない場合は別です)。

海外で最も日本人を欲しがっているのは間違いなく日系企業ですよね。

そして海外に進出している日系企業は日本人向け求人については「日系大手転職エージェント」に相談します。

なぜか?

答えはシンプルで「日系大手転職エージェントの方が日本人候補者の情報をたくさん持っているから」です。

大手転職エージェントは大々的に日本人候補者を日本中から集め、データベースにまとめています。

現地系転職エージェントは確かに現地事情に詳しく、現地人候補者のネットワークもたくさん持っているかもしれません。ただ、日本人求職者を集める力となれば別です。

日本に本社を持つ転職エージェントのように大規模に日本で候補者を集めることはできません。そして企業側はこのことをよく理解しているのです。

 

大手転職エージェントには信用度の高い企業が集まる

日系大手転職エージェントは日本でもすでに大手企業との付き合いがあることが多いです。

そして日系企業はすでに付き合いのある企業を好みます。

そのため信用度の高い大手企業はまず大手転職エージェントに相談しがちです。

また、大手エージェントには費用の支払い能力がある企業だけが依頼できます。

これらの理由から結果的に大手転職エージェントの求人は信用力の高い企業からの求人が集まります。

 

大手と言っても現地に子会社がない転職エージェントはNG

海外拠点がない大手はダメ

大手転職エージェントにまず相談すべき、と書きましたが大手であればどこでもよいわけではありません。

現地に根を張る「本当に海外に強い転職エージェント」を選ばなければ逆に役に立たないこともあります。

まず現地に子会社がなければ集められる求人量が限られます。日本の本社からしか情報を集められません。

海外求人は本社から出ることもありますが、実際に事業が回っている企業の場合は子会社から出ることの方が多いです。

つまり本社と子会社の「両方」から情報を取れるのが理想です。

また、実際に海外転職を進める場合には求人内容以外にエージェントに相談したいことも多々出てきます。

しかし、現地に実際に人を送り込んでいなければこの辺りのアドバイスは「ものすごく表面的」なアドバイスに終わります(そしてだいたい役に立たない)。

海外に強い転職エージェントリストや理由については別記事をご参照ください。

あわせて読みたい
海外に本当に強い転職エージェント10選【目的・年代別のおすすめ付き】海外転職で本当におすすめできる転職エージェントは限られます。海外の現役キャリアコンサルタントだからわかる、本当におすすめしたい海外転職向けのエージェントをまとめました。目的別でソートも可能です。...

 

ローカル系企業へ転職を希望するなら現地系転職エージェントが強い

特に日系企業ではなく、外資系や現地ローカル企業への転職を希望するならば現地の転職エージェントに相談するのもよいでしょう。

現地に特化している分、現地企業と非常に深い付き合いをしている場合があるからです。

ただし、この場合でも大手エージェントとはダブルで併用しておく方が安全でしょう。やはり大手のネットワーク力はバカにできないところがあるからです。

基本的に転職エージェントは複数使うことを前提として進めた方が転職の成功率は上がります。

くれぐれも最初の一社だけ使って進めることのないようにしてください。

転職エージェントを使わない場合でも、必ず友人や知人で相談できる人を複数名つかまえてから進めてくださいね。

海外転職エージェント先月の人気ランキング TOP3

海外転職はじめてナビで先月人気だった転職エージェントのTOP3をご紹介します。「そろそろ転職かな…」とお考えのあなた。まずは登録して「無料相談」や「ヘッドハンティング」を受けてみてはいかがでしょう?

人気ランキング1位 CAREER CARVER
リクルートが運営する年収600万円以上のハイクラス求人限定サービス。日本国内から海外までマネジメントクラスの求人が豊富です。

 

人気ランキング2位 JAC Recruitment
海外&外資系と言えばJACというほどの定番エージェント。全体の6割が非公開求人。海外キャリアステップアップの登竜門と言っても過言ではありません。

 

人気ランキング3位 BIZREACH
登録するだけでヘッドハントやスカウトが届きます。年収1,000万円以上の求人も豊富。自分の市場価値を知る目的でもおすすめのサービスです。

 

もっと他のエージェントも知りたい!という方は海外に本当に強い転職エージェント10選をご覧ください。あなたに合ったのエージェントが見つかりますよ。

テキストのコピーはできません。