海外求人に強い転職エージェントはこちら!
転職エージェント

【駐在員向け】本帰国後に年収アップを狙えるおすすめのハイキャリア系転職エージェント

海外勤務の経験を活かしてキャリアアップを実現する人は少なくありません。

特に駐在員のポジションで海外マネジメントを経験した人材の需要は増えています。

この記事では海外経験を活かしてキャリアアップを狙う人に向けて、王道転職パターンとおすすめのエージェントをご紹介します。

中にはヘッドハンターと接点を持てる転職サイトもあります。

今すぐ転職は考えていなくても、駐在員なら登録しておくだけも面白いでしょう。

海外経験を活かした転職でキャリアアップする方法

駐在員としての海外経験を活かしたキャリアアップの王道パターンは2つです。

駐在員のキャリアアップパターン

  1. 日系企業海外事業のマネジメントポジション
  2. 外資系日本支社でのマネジメントポジション

 

①日系企業海外事業のマネジメントポジション

1つ目は『日系企業の海外事業マネジメントポジション』での転職です。

海外志向の高い人材が多く集まる大手商社は別ですが、中堅や中小の場合は海外人材探しに苦戦している会社の方が多いでしょう。

そのため最近では中堅企業を中心に、外部から駐在員を募る日系企業が増えています。

背景には、

  • 若者の海外志向が低いこと(内部育成の限界)
  • 海外経験のある即戦力が欲しいこと(悠長に長期的人材投資ができない)

等の理由があります。

海外経験を買われて転職するので、多くの場合は海外子会社のマネジメントポジションが前提となります。

そのため、語学力に加えて「外国人のマネジメントができる」という点を期待されます。

実際に海外勤務を経験をした方はわかるはずですが、日本と海外では求められるマネジメントの質が異なります。

海外進出の成功例・失敗例が日本にも多く伝わる中で、『海外マネジメントのプロ人材の必要性』が日本でも増えつつあるのでしょう。

海外勤務求人より数は多くはありませんが、国内勤務(海外担当部署)の求人もあります。

ただ、どちらかと言えば海外勤務求人の方が条件は良い傾向があります。

 

②外資系日本支社でのマネジメントポジション

2つ目の選択肢は『外資系企業日本支社のマネジメントポジション』です。

この場合は日本での勤務が前提となります。

海外勤務経験者は裁量権の高い状況で働くことに慣れています。

しかし日系企業本社に戻った瞬間に裁量権はなくなることが多く、やる気を削がれます。

一方、外資系企業では日本国内であっても「自ら考え、自ら動く」人材を求め高く評価します。

経営層はもちろん現場のリーダークラスでも高い裁量権があるのは当たり前。

また、言わずもがなですが外資系の企業も「ただ英語が使える人材」ではなく「海外本社とうまく連携できる人材」を欲しています。

そのため海外慣れしている人材は歓迎されるのです。

まさに需要と供給の一致。

「海外経験を活かして裁量権のある立場で仕事をしたいが、家族もいるので海外勤務は避けたい…」という方は外資系への転職も視野にいれてみるとよいでしょう。

 

日系企業の海外マネジメントポジションを狙える、ハイクラス向け転職エージェント

海外経験を活かしてキャリアアップをしたい、という方におすすめのエージェントをご紹介します。

ハイキャリアに強く、海外にも支店があるエージェントを選ぶのがポイントです。

また、併せてスカウトやヘッドハンティング機能を持つ転職サイトの利用もおすすめします。

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

【公式ページ】careercarver.jp

日本の人材系会社の代表格と言えばリクルート。CAREER CARVERはリクルートグループの中でも「ハイキャリア」に特化した求人情報サイトです。

日系企業を中心に、年収800万円~1500万円の幅でマネージャーからディレクタークラスの求人が多くあります。

キャリアカーバーの情報はヘッドハンターにも開示されています。

ハンターからのスカウトにより自分でも気づかなかったチャンスに巡り合えることもあります。

実は転職市場ではスカウトをきかっけに転職を実現する人も少なくありません。

自分の市場価値を確認する目的で登録をしておくだけでも新しい発見がありますよ。

公式サイトを見る

BIZ REACH(ビズリーチ)

ビズリーチ

【公式ページ】www.bizreach.jp

BIZ REACH会員制のハイクラス向け転職情報サイトです。

なんと求人の3割以上が年収1,000万円を超える高年収求人で構成されています。

無料で登録するとヘッドハンターや人事担当者からのスカウトを受けることができます。有料会員になると自分から求人へ申し込むことが可能となります。

こちらもキャリアカーバーと同じく、ヘッドハンティングによるキャリアアップの可能性を知ることができます。

すでに転職の方向性が固まっている場合は有料会員としての登録をおすすめします。

公式サイトを見る

 

JAC Recruitment

【公式ページ】www.jac-recruitment.jp

JAC Recruitmentは日系企業でありながらも創業がロンドン、という特徴的な歴史を持つ総合型の転職エージェントです。

創業当初から海外に特化した事業活動を展開しており、「海外転職と言えばJAC」という声が聞こえるほど海外進出済の日系企業と強い信頼関係を持っています。

ややハイキャリア寄りではあり、キャリアが浅い場合は対応がそっけないこともありますが、海外駐在経験者であれば十分に相談する要件を満たしているでしょう。

目安としては現在の年収が600万円以上あれば大丈夫です。

公式サイトを見る

 

外資系に強い!外資系転職エージェント

外資系の転職に強い転職エージェントをご紹介します。

海外経験を活かして「日本での就業&キャリアアップ」を狙うのであれば、転職エージェントも外資系を中心に選択するとよいでしょう。

 

RANDSTAD(ランスタッド)

ランスタッド

【公式ページ】lp.randstad.co.jp

ランスタッドは1960年にドイツで創業された老舗の人材紹介グループです。世界39の国と地域に4,700以上の拠点があります。

外資系のエージェントでありながら日本国内にも130以上の拠点があるのが強みです。日本全国どこからでも相談できますし、企業の地方支店とも深いつながりがあります。

特に大手企業のハイキャリア求人に強く、年収600万円以上の方が対象です。

外資系のマネジメントポジションでの転職を狙うならばまず相談すべきエージェントでしょう。

公式サイトを見る

Spring(アデコ)

Spring転職エージェント

【公式ページ】www.springjapan.com

Springは世界最大の人材サービス企業Adecco(アデコ)グループが展開する転職エージェントサービスです。

スイス発祥のAdeccoグループは世界60か国、5,000以上の箇所にオフィスを構える巨大グループです。

日本国内のオフィスには業種別の専門コンサルタントが在籍しているので、外資系でありながら長期的なキャリア相談もしやすいです。

公式サイトを見る

ロバートウォルターズ

【公式ページ】www.robertwalters.co.jp/

ロバートウォルターズは1985年にイギリスでスタートした人材サービス企業です。

外資系企業でありながら、日本にも根を張って活動している企業の一つでもあります。

外資系企業ということもあり仕事の速さに定評があります。ただし、結果主義のため可能性のない求職者へのサポートは手薄い印象があります。

公式サイトを見る

本帰国の2~3か月前からの相談がベストタイミング

海外勤務や外資系企業への転職であれば、初期はSKYPE面談で進めることも可能です。

海外にいるうちに申し込み、SKYPEで複数社と面談。本帰国後にすぐに最終面談をセッティングして転職を実現するのがベストなパターンでしょう。

もちろん本帰国後の活動開始でも問題ありませんが、日本での勤務に忙殺されるうちに転職タイミングを逃す方もいるのでご注意ください。

テキストのコピーはできません。