海外求人に強い転職エージェントはこちら!
転職の方法・準備

海外転職で必ず必要になる就労ビザって何?

海外転職では必ず「就労ビザ」を取得しなければなりません。転職先によって企業が準備してくれる場合もあるし、自分で用意しなければならない場合もあります。

いずれの場合にしろ、まずは就労ビザというものに対して正しく理解しておくことが必要です。

この記事では就労ビザの基本知識についてまとめています。

就労ビザとはそもそも何?

就労ビザとはその国が発行する「外国人に対する就労の許可証」のことです。

まず、ビザとは日本語で「査証」と呼ばれる証書のことで、国家が発行する「この人物は入国しても問題ありません」という証明書のようなものです。多くの場合はパスポートにスタンプやシールの形で記されます。

ビザには複数の種類があり「観光ビザ」、「商用ビザ」、「学生ビザ」、「労働ビザ」、「永住ビザ」、などがありますが、「当該国での就業(働いてお金を稼ぐ)を許可するもの」全般「就労ビザ」と呼びます。

就労ビザの区分けは国によって異なりますが、海外転職や就職ではこの「就労ビザ」の取得が絶対に必要です。

就労ビザ無しで就業してしまうと「不法就労」となり見つかった場合は罰金を払わされた上で強制送還となります。さらに、ブラックリストに載せられて数年間の入国禁止措置を受けてしまう可能性もあります。

 

就労ビザの取り方

就労ビザの区分けと同様、取り方も国によって異なります。

一般的には

  • 日本国内で必要となる書類を準備する
  • 現地企業から必要な書類を準備してもらう(スポンサーレターなど)
  • 就業国の大使館や入国管理局へ申請し、ビザを発行してもらう

という流れになります。

取得のための条件も国によって変わりますが「当該分野での数年以上の就業経験」が必要になることが多いです。また、国によっては「大学の卒業証明書」「現地語の能力」などが必要になることもあります。

 

誰が準備するのか?

企業によって考え方が異なります。

企業側が主導で就労ビザを用意してくれる場合もありますし、「就労ビザは転職者側で用意してください」という条件の企業もあります。

いずれの場合も企業や個人が直接手続きするのではなく、ビザ取得エージェントに依頼をして手続きを進めていきます。

必要な費用や書類、条件、期間は国によって異なるため、いずれの場合にしろ転職活動中にご自身で調べておく必要はあるでしょう。

また、正しくルールを理解しておかねば「退職後に転職しようと思っていたらビザが自動で無効になり、否応なしに出国(※)」という状況にもなりかねません。

※退職と同時に就業ビザが切れ、滞在猶予が短い国もあります。

 

なぜ就労ビザが存在するのか?

いくつかの理由がありますが、主なのは「自国民の雇用を守るため」です。

就労ビザ無しで好き勝手に外国人が働ける環境では、様々な国から労働者が集まり自国民で働けない人が増えてしまいます。

そのため「特定条件を満たす外国人対象者」に対してだけ就業の許可を与えるのです。

多くの国の場合は「その外国人が労働することにより自国へのメリットがある」と判断してビザを発行します。

細かい考え方は国の方針や発展レベルにより異なります。

たとえば新興国の場合は自国民の雇用を確保しつつも、不足するインフラを作っていかねばなりません。

そのため、

  • 特定技術を要する産業や職種(自国へ技術を持ち込み、伝達してくれる)にビザがおりやすい
  • 一定以上の資本金を有する企業のみ外国人就労ビザを発行する権利を持つ(多くの国内雇用を生むため)

などの考え方が根底に存在していたりします(先進国ではまた考え方が異なります)。

 

転職希望国のビザ発給条件は必ず自分で調べる

すでに述べた通り就労ビザは企業側で手配してくれることもありますが、面接をする段階で必ず自分でも規定を調べておきましょう。

規定を知っておけば実際に内定後にもやりとりが潤滑に進みます。

また、企業側が手配してくれる場合でも現地にて自身で動かねばならない場合もあります。

就労ビザは海外転職とは切っても切り離せない重要事項なのです。

ちなみに海外転職を進める際はビザ以外にもその国について最低限調べておくことがあります。下記の記事もあわせてご参照ください。

あわせて読みたい
海外で働く際に必ず調べておくべき「国に関する7項目」海外へ転職する際にその国について事前に調べておくべき項目をまとめました。...
海外転職エージェント先月の人気ランキング TOP3

海外転職はじめてナビで先月人気だった転職エージェントのTOP3をご紹介します。「そろそろ転職かな…」とお考えのあなた。まずは登録して「無料相談」や「ヘッドハンティング」を受けてみてはいかがでしょう?

人気ランキング1位 CAREER CARVER
リクルートが運営する年収600万円以上のハイクラス求人限定サービス。日本国内から海外までマネジメントクラスの求人が豊富です。

 

人気ランキング2位 JAC Recruitment
海外&外資系と言えばJACというほどの定番エージェント。全体の6割が非公開求人。海外キャリアステップアップの登竜門と言っても過言ではありません。

 

人気ランキング3位 BIZREACH
登録するだけでヘッドハントやスカウトが届きます。年収1,000万円以上の求人も豊富。自分の市場価値を知る目的でもおすすめのサービスです。

 

もっと他のエージェントも知りたい!という方は海外に本当に強い転職エージェント10選をご覧ください。あなたに合ったのエージェントが見つかりますよ。

テキストのコピーはできません。