海外転職コラム

【海外で働きたい人必見!】海外で日本人が働きやすい求人・職種まとめ

海外へ転職したい、といざ思い立っても「どんな職種や求人があるんだろう?」となかなかイメージが湧かない人も多いでしょう。

日本国内の仕事に多くの選択肢があるように、海外でも仕事の選択肢は多くあります。一方で「日本人が就きやすい仕事」、「求人が出やすい仕事」というのは限られているという側面もあります。

この記事では実際に海外でよく見かける日本人向けの「現地採用求人」をまとめています。海外と言っても広いので、特に昨今求人が増えている東南アジアの傾向に絞ります。

どんな仕事があるんだろう?とお悩みの方は一読してみてください。

海外(特に東南アジア)で多く見かける日本人向け求人・職種

日系企業向けの営業職

最も頻繁に募集がかかるのが営業職です。

新興国には日系企業も多数進出しています。比較的資本が安定しており、金払いも良い日系企業に営業をかけたいというニーズは常にあります。

その際の営業先は日本人。日本人は日本人とのビジネスを好むので日本人限定の採用募集がかかるというわけです。

募集元で多いのはもちろん日系企業ですが、現地企業や他国資本の外資企業が募集をかけていることもあります。

日本人としてのアドバンテージが最も簡単に活きる仕事と呼べるでしょう。

 

メーカー技術職

日系メーカーが現地で生産工場を抱えている場合、生産管理向けの技術職を募集する場合があります。

また、現地で精密機器や重機などを販売している場合はメンテナンス対応人員としての技術職を募集することも。

技術職の場合はすでに専門スキルがあることが前提なので、現地にしては比較的高い給与提示があることが多いです。

 

建設系のプロジェクトリーダー、コンサルタント

特に新興国で引っ張りだこなのは建設系の専門職です。毎日のように新しいビルや道路ができていく新興国では日系企業が受注するプロジェクトが大小常に動いています。

日系コンストラクションの管理役は日本人にしかできないため、日本人限定の採用となります。

だた、長期で難易度の高いプロジェクトになることもあり、多くの場合は日本から駐在員が派遣されてきます。まれに小規模な場合など現地採用として求人が出ることがあります。

 

システムエンジニア、プログラマー

日系企業向けのシステムやWeb、アプリ開発で現地管理役として募集がかかることもあります。この場合は完全な開発担当というよりは、顧客調整役と現地スタッフのまとめ役を兼任する場合が多い傾向にあります。

また、高い技術がある場合は現地や外資系企業での、現地プロダクト開発部隊として採用されることもあります。

現地技術者に交じってプログラミング、となると給与が低いイメージがあるかもしれませんが、どこの国でも技術力のあるIT技術者は高い給与で採用されます。

中には東南アジア人だけど日本人顔負けの給与をもらう人たちもいたりします。今後非常に活性化していく職種でしょう。

 

会計、財務担当

会計や財務の場合は主に日系企業からの求人です。例えば、現地に進出してある程度安定成長し、拡大期に入った場合など募集がかかることがあります。

会計や財務というと現地法知識が必要なのでローカル人材採用限定のイメージがあるかもしれません。たしかに実際に現地会計担当を起用する企業もありますが、一方で「お金の管理は日本人に任せたい」という企業も少なくありません。

内部での資金管理を主に担当し、法的な会計処理などは外部の会計士などと連携して進めることになります。

現地の会計知識を身に着けてしまえば貴重な専門職となるため、国特有の専門スキルを高めたい人にはもってこいの職種かもしれません。

 

ホテル、旅行代理店など観光業

日系ホテルやサービスアパートメント、また旅行代理店では常に日本人現地採用の需要があります。

また、稀にですが現地ホテルでの日本人対応要員としての求人が出ることもあります。増え続ける日本人出張者はある程度の市場を形成しており、専門要員を置くほど魅力的だということでしょう。

 

飲食店の料理人、シェフ

昔から変わらず一定の需要があるのが日本人シェフの求人です。日本人がレストランを開く時も然り、現地資本家が日本食レストランを開く時も然り。いずれにしろ日本人調理人の求人が出ます。

高級日本食のイメージが強いことが影響しているのか、専門職としてわりと良い給与が出る傾向にあります。海外で開業させ、成功させた経験を積んでいくとさらに給与は上昇していきます。

 

美容師など日本人向けサービス技術職

新興国の大都市では日系サロンによる日本人スタイリストの募集も一定数あります。特に日本人の女性は日本人にしか髪を切らせたくないため、在留邦人の増加に伴い市場も微増ながら増えているのでしょう。

複数名の日本人スタイリストが集まっていることも珍しくないため、比較的日本に近い感覚で働ける職種かもしれません。

 

どの職種でもしっかりと準備、計画を整えた上で

海外では一つの会社に長く留まることは珍しいです。自己都合退職も多く、空いたポストを埋めるために常に一定量の日本人求人は出ています。

ただ、無計画に飛び込むと「こんなはずじゃなかった」と痛い目を見ることもあります。海外への転職は準備と計画が重要です。

転職前に理解しておこう!アジアで働くメリットとデメリットアジアに転職するメリットとデメリットをまとめています。...

また、求人サイトの求人情報に独自に飛び込むのではなく、転職コンサルタントを活用することをおすすめします。

【海外転職】エージェントと転職サイトはどちらを使うべき?海外転職の際にエージェントを使うのか、転職サイトを使うのか?で迷う方もいるでしょう。参考までにエージェントと転職サイトの違いをまとめました。おすすめの使い方も紹介します。...

海外に強い転職コンサルタントはこちらでまとめています。

海外に本当に強い転職エージェント10選【目的・年代別のおすすめ付き】海外転職で本当におすすめできる転職エージェントは限られます。海外の現役キャリアコンサルタントだからわかる、本当におすすめしたい海外転職向けのエージェントをまとめました。目的別でソートも可能です。...
テキストのコピーはできません。