海外求人に強い転職エージェントはこちら!
海外転職コラム

目指せ海外キャリア!海外勤務で高給を目指せる職種は何?

海外転職で高給取りを目指すには、給与の高いハイキャリア・エグゼクティブ求人を目指すのが近道です。

内部昇進という考え方が少ない海外では転職こそ年収をアップさせる機会です。

自分のスキルや経験も大事ですが、兎にも角にも良い求人に巡り合わないことには実現できません。

事前に給与が高い職種やエリアを把握しておき、ハイキャリア求人に強い海外転職エージェントを活用してください。

海外勤務で高給な職種は何?

高給を目指すための近道は労働市場価値の高い仕事に就くことです。

もちろん「プロ経営者」やグローバルレベルでの「戦略コンサルタント」、「ファンドマネージャー」などは圧倒的に高い給与をもらえます。しかし、多くの日本人にとって現実的な選択ではないでしょう。

海外でも比較的高い報酬をもらえて、且つ日本人でも転職が現実的な職種をリストアップしてみます。

 

ITエンジニア

優れたエンジニアは世界中どこに行っても需要があります。特に開発系エンジニアの需要は高まるばかり。ただ、優秀なエンジニアが高給を得る一方で、単純な労働力としてのいわゆるIT土方も増えているのでご注意ください(海外でわざわざ日本人を雇う場合、IT土方として雇うことは無いとは思いますが)。

優れたスキルがあれば割とどこでも働けるのはエンジニアの魅力です。新興国でも優れたITエンジニアは先進国と変わらない報酬を得ることもあります。スキルさえあれば日系企業や日本企業担当に限らず選択肢が広がるのも魅力です。

 

施工管理責任者

日本はODA(政府開発援助)を通じて多数の新興国へ開発援助を行っています。もちろんお金だけ提供するわけではなく、出したお金の先には「日系企業がプロジェクトを受注する」というシナリオがあります。ODAによる開発は公的なものが多く、道路や鉄道、港湾などがあります。

また、ODA以外にも日本の資本は新たな投資環境を求めて海外へと流れています。住宅やマンション、オフィスビルなどの開発から施工まで日系企業が回しているパターンもあります。

現地の工事では現地企業や現地スタッフが実働することになりますが、日本とは現場のレベル感(常識から品質まで)が異なるためどうしても日本人管理者が必要になります。それなりの経験も求められますが、そもそも予算も責任も大きい職種のため待遇も手厚くなる傾向があります。

 

海外工場長

日系企業の生産拠点は積極的に海外へ移動しています。一時期は中国への移動が多かったですが、人件費高騰などのあおりで最近は東南アジアへ再び移動が増えています。

工事と同じく工場においても「生産管理」の責任者が必要です。現地スタッフに任せるとどうしても品質に甘さが出ることから、日本人工場長を置く企業は未だ多いです。技術的な知識から、現地スタッフのマネジメントスキルまで求められるため、現地採用求人だとしてもかなり良い待遇となることがあります。

 

海外支局経理責任者

現地で事業が拡大してくると当然ですが経理担当が必要となります。大手の場合は本社から人を派遣することが多いですが、中堅企業や中小企業の場合はその都度調達する傾向が高いです。責任ある立場であり専門知識も求められることから、良い待遇で迎えられる場合があります。

 

法人営業責任者

営業も極めれば立派な専門スキル。特に海外で成果を出せる日本人はまだまだ稀少価値があります。

選択肢としては4つあります。

  1. 日系企業での日系企業担当
  2. 日系企業での外資企業担当
  3. 外資企業での日系企業担当
  4. 外資企業での外資企業担当

特に重宝されるのは2と3のパターンです。

まず、現地企業や多国籍企業相手に営業できる能力は日系企業においては重宝されます。

また、資金も潤沢で安定した企業が多い日系企業は外資企業でも積極的に狙いたい顧客です。ただ、日系企業の場合は作法や商習慣に「癖」があるため、営業担当として日本人を置きたがる企業もあります。

上記のように「日本人であることの強み」と「専門スキル」を活かしていけば営業でも高い報酬を得ることが可能です。ただし、技術職とは異なり常にパフォーマンスを示していく必要はあります。

 

高給な国、エリアはどこ?

小さな世界

働けるかどうかの難易度は別として、理論的に平均給与が高い国やエリアで働けば得られる所得は高くなります。

厳密に比較するのであれば「税金」や「物価」、さらに「年齢分布」や「格差」なども考慮する必要がありますが、細かいことは抜きにして各都市の平均給与(2017年発表)を見てみます。

1位 チューリッヒ(スイス) / 5,876ドル(約62.98万円)

2位 サンフランシスコ(アメリカ、) / 4,817ドル(約51.64万円)

3位 ボストン(アメリカ) /  4,322ドル(約46.33万円)

4位 ニューヨーク(アメリカ) /  4,304ドル(約46.14万円)

5位 シカゴ(アメリカ) / 3,622ドル(約38.83万円)

6位 シドニー(オーストラリア) / 3,451ドル(約37万円)

7位 メルボルン(オーストラリア) / 3,344ドル(約35.85万円)

8位 オスロ(ノルウェー) / 3,154ドル(約33.81万円)

9位 シンガポール / 3,077 ドル(約32.99万円)

10位 コペンハーゲン(デンマーク) / 2,958 ドル(約31.71万円)

~~

12位 東京(日本)/ 2,897 ドル(約31.06万円)

引用元:The 24 major cities with the highest salaries in the world

日本円は2018年4月の相場を元に当サイトで換算

北欧やアメリカが上位に並び、間を縫ってオーストラリアとシンガポールが入っています。ただ、全体的に物価が高いエリアが並んでいるので給与が上がったとしても可処分所得が増えるかどうかはわかりません。

また、日本人が働く場合の難易度が高いエリアも含まれています。この中で日本人が働きやすい(仕事を見つけやすい)エリアはシンガポールでしょう。

ただ、先に述べた職種だと、営業職以外はあまりシンガポールでの需要はありません。

しかし、仮に平均給与が低いエリアでも専門性を活かして高い報酬を得られることは多々あります。施工管理や工場長の場合はASEANでの勤務となりますが比較的高い報酬を得られます。

 

海外転職で高給を目指すならJACリクルートメントが一押し

「高給」を第一優先順位として海外転職するのであれば、エリアよりもまずはハイキャリアな求人を見つけるのが近道です。

海外でのハイキャリア求人を目指すなら、JACリクルートメントの利用を推薦します。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは古くから海外求人や外資系求人に強みを持つ転職エージェントです。「未経験」などの求人は少ないですが、その分「ハイクラス」な求人に圧倒的な強みがあります。非公開求人も多く、年収1000万円を超えるエグゼクティブ求人も多く扱っています。

相談自体は無料なので転職検討中の方は可能性を知るために相談してみてはいかがでしょう。

詳細を見てみる

 

実際に転職活動を進める際には3つ以上の転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントを選ぶ際には「実際に海外に強い」エージェントを選ぶようにしてください。

転職は情報戦です。通常の企業と同じく、転職エージェントでも現地に根を張り情報を日々収集している会社が強いのです。

あわせて読みたい
海外に本当に強い転職エージェント10選【目的・年代別のおすすめ付き】海外転職で本当におすすめできる転職エージェントは限られます。海外の現役キャリアコンサルタントだからわかる、本当におすすめしたい海外転職向けのエージェントをまとめました。目的別でソートも可能です。...
海外転職エージェント先月の人気ランキング TOP3

海外転職はじめてナビで先月人気だった転職エージェントのTOP3をご紹介します。「そろそろ転職かな…」とお考えのあなた。まずは登録して「無料相談」や「ヘッドハンティング」を受けてみてはいかがでしょう?

人気ランキング1位 CAREER CARVER
リクルートが運営する年収600万円以上のハイクラス求人限定サービス。日本国内から海外までマネジメントクラスの求人が豊富です。

 

人気ランキング2位 JAC Recruitment
海外&外資系と言えばJACというほどの定番エージェント。全体の6割が非公開求人。海外キャリアステップアップの登竜門と言っても過言ではありません。

 

人気ランキング3位 BIZREACH
登録するだけでヘッドハントやスカウトが届きます。年収1,000万円以上の求人も豊富。自分の市場価値を知る目的でもおすすめのサービスです。

 

もっと他のエージェントも知りたい!という方は海外に本当に強い転職エージェント10選をご覧ください。あなたに合ったのエージェントが見つかりますよ。

テキストのコピーはできません。