海外求人に強い転職エージェントはこちら!
海外転職コラム

40代で海外に転職するメリット・デメリットは何?

40代で海外転職するメリットとデメリット

「海外で働くことが夢だったけどもう40代に入ってしまった…」とあきらめていませんか?

30代ほど求人の量はありませんが、40代には40代の武器やチャンスがあるものです。

それは国内転職でも海外転職でも変わりません。

実際海外では40代が一番多く活躍しています。

仕事の酸いも甘いも体験し、人脈もあり、専門知識も経験も積んだ40代を求める海外市場は少なくありません。

もし海外で働いてみたいと考えているのであれば、良いタイミングの一つです。

ただし40代ならではのメリットもあればデメリットもあります。

本記事では40代で海外転職するメリットとデメリットをまとめています。判断の一材料としていただければ嬉しい限りです。

40代で海外へ転職するメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

40代海外転職のメリット

  • 駐在員案件が比較的多い
  • マネジメントポジションが大前提
  • 日本での人脈が武器となる可能性あり

 

駐在員案件が比較的多い

日本であれば40代というのは会社員人生で最も能力を発揮できる世代です。

体力こそ30代に比べて落ちるものの、豊富な専門知識と経験に裏打ちされた判断力があるからです。

日系企業から大きな信頼を寄せられやすいのが40代です。

そのため他の世代と比較して日系企業本社での求人が多い傾向にあります。

本社から駐在員として派遣されるものもあれば、海外担当責任者クラスとして出張ベースで海外を飛び回る求人もあります。

 

マネジメントポジションが大前提

通常海外転職や海外勤務をする場合、日本より1つか2つ役職が上がる傾向にあります。

40代といえば日本だと課長や部長クラスの方も多いでしょう。

海外で勤務する場合は現地法人の責任者レベルとして迎えられる可能性が高いです。

 

日本での人脈が武器となる可能性あり

先ほども挙げた通り、日系企業の中では40代は最も活躍できる世代。

学生時代の友人や、趣味の知人でも業界で大活躍している人が多いはずです。

国内の市場に陰りが見えている今、多くの日系企業は海外へ希望を見出しています。

海外で働いたとしても日本でのつながりは多いに役立ちますし、転職先からも期待されることの一つです。

培った人脈を武器として使えるのは国内でも海外でも変わりません。

 

40代で海外へ転職するデメリット

メリットもあればデメリットもあります。やはり40代には40代ならではの考慮しておくべき項目があります。

メリットとよく比べて判断してください。

40代海外転職のデメリット

  • 豊富な経験と高いスキルは大前提
  • 語学能力は事前に習得しておく必要あり
  • 健康面はやや不安が残る

 

豊富な経験と高いスキルは大前提

40代ともなれば大前提として豊富な経験と高い専門知識・スキルを求められます。

ポジションもそれなりのものが用意されることとなるため、当然といえば当然です。

逆に40代で役職無しの求人というものはほとんどなく、経験とスキルがなければ海外転職は実現できない可能性が高いです。

万が一40代で役職無しの海外求人があったとしても何か「ワケアリ」な可能性もあるのでよく注意してください。

 

語学能力は事前に習得しておく必要あり

責任者レベルでの活躍を即座に期待されるため、「語学は現地で勉強します」というのは通用しません。

少なくともビジネスでコミュニケーションが取れるレベルの英語力(TOEICでいえば800以上は必須)は求められます。

非英語圏で「現地採用」の場合は英語が話せなくても転職できる可能性はありますが、日本から「駐在」する場合は英語が話せないと転職は難しいでしょう。

 

健康面はやや不安が残る

40代から大きくなるデメリットは健康面です。もし持病を抱えている場合は継続的な治療ができるかどうかを真っ先に考えなければなりません。

仮に治療ができたとしても、費用面で耐えられるかどうかも重要な判断ポイントです。

日本は世界的にも保険が充実しており医療費が安いです。海外では日本では考えられない医療費がかかる国もあるので必ず事前に調べるようにしてください。

 

40代で海外へ転職する選択肢

日本人が海外で働く場合大きく3つの選択肢があります。

  1. 日本で転職し駐在員として海外へ配属
  2. 外資系に転職し本社や支社へ配属
  3. 現地で現地採用として働く

 

40代の場合は「経験を積む」という時間はありません。むしろ経験をすぐにでも使って成果を出すのが理想です。

また金銭面でもある程度の保証がある方が良いでしょう。

これらを鑑みると①の駐在員としての転職案件を探すのが理想的です。

また、厳密にいえば海外勤務ではありませんが「日系法人の海外部署責任者レベル」として転職するのも選択肢となります。

もちろん②の外資系から本社or支店配属するパターンや、③の現地採用という選択肢もあります。

ただ、②の場合はまず日本支社で信頼を得るのに時間がかかります。また③の場合は待遇が日本よりも大きく下がるリスクがあります(※)。

※内容によっては待遇にそこまで差がないパターンもある。

いずれにしろマネジメントレベルの求人ともなれば数も限られます。よほどの人脈でも持っていない限り自分で探すのは難しいでしょう。

「海外×ハイキャリア人材に強い転職エージェント」に相談することをまずおすすめします。

40代向け海外転職エージェント

海外に強い転職エージェントについては下記でもまとめています。参考にしてみてください。

あわせて読みたい
海外に本当に強い転職エージェント10選【目的・年代別のおすすめ付き】海外転職で本当におすすめできる転職エージェントは限られます。海外の現役キャリアコンサルタントだからわかる、本当におすすめしたい海外転職向けのエージェントをまとめました。目的別でソートも可能です。...

 

40代の知識や経験を求めている企業は多い

日系企業では40代が中心的に活躍していることを、世界の企業は知っています。

もちろん日系企業の駐在員として転職することもありですが、その後に現地企業の幹部要員として入り込むことも夢ではないでしょう。

事実昨今では中国系企業から日本人マネジメントレベルをかなりの好待遇で迎える例が増えています。

終身雇用ではないので見限られればすぐに首を切られる可能性はあります。一方で日本では得られない実力主義の世界にキャリア終盤で飛び込んでみるのも一つの選択でしょう。

テキストのコピーはできません。